プレスリリース:東北大学-愛知製鋼(株)

杉本研究室 と 愛知製鋼(株)の研究成果を発表しました! ≫

  電動車普及拡大に貢献するDyフリーNd系異方性磁石粉末の高性能化に成功

~EV向け電動アクスルの更なる小型軽量化を実現~

国立大学法人東北大学(総長:大野英男)大学院工学研究科の杉本諭教授と愛知製鋼株式会社(代
表取締役社長:藤岡高広)は、加速化する電動車の普及拡大と資源問題に寄与する Dy(ジスプロシウム)フリーNd(ネオジム)系異方性磁石粉末の高性能化に成功しました。

これにより、従来比 40%小型軽量化を実現する EV 向け電動アクスルの更なる小型化(40→50%)および低コスト化が可能となり、電動化社会の早期実現に貢献します。なお本成果は、今年 3 月に開催の日本金属学会春期(第 168 回)講演大会にて発表予定です。

詳しくは、東北大学HP、東北大学工学研究科HPのプレスリリース情報をご覧ください。

関連ページへのリンク

新聞に掲載されました

  • 2021/02/09
  • 2021/02/10
    日刊工業新聞

    「ネオジム系磁石 性能向上 電動アクスル小型化 可能 愛知製鋼など」

  • 中部経済新聞

    「愛知製鋼 東北大と磁石粉末開発 EV駆動ユニット小型化に」

  • 日刊自動車新聞

    「磁石粉末の高性能化に成功 愛知製鋼」

  • 鉄鋼新聞

    「愛知製鋼 高性能単結晶磁粉を開発 東北大と共同、EV軽量化へ」

  • 産業新聞

    「DyフリーNd系ボンド磁石 愛知製鋼が高性能化 東北大と開発 21年度量産化」

  • 2021/02/12
    河北新報

    「EV装置小型化 高性能磁粉開発 愛知製鋼と東北大」

  • 2021/02/17
    化学工業日報

    「高性能化に成功 DyフリーNd系異方性磁石粉末 愛知製鋼-東北大大学院 電動アクスル小型化」

タイトルとURLをコピーしました